日々、ご縁の日々
by namamdhabud


以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
東北関東大震災支援活動について

2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」の影響により現在起こっている様々な困難な状況は、今に生きる私たちの全てに関わる一大事です。

今春より取り組んでいくことを予定していた「琳空館の自然力発電システム導入計画」でしたが、こうした緊急事態においては、より実質的、社会的な行動を示していくべきと考え、『琳空館自然力プロジェクト』の当面の課題を「被災地の支援 と 共同体の防災対策」とすることに判断いたしました。

現在大変な状況にある被災地の方々に向けて支援できることをよく考え、それを実行し、同時に『慶集寺 琳空館』を「緊急時にこそ活きる みんなのための安心の場所」としていくことが、まず第一に取り組むべき、慶集寺の「次世代活動」だと考えます。


私たち一人ひとりが持つ特別な力を効果的に仕合わせることで、苦境を乗り越えて生き抜くための「自然力」が いまこそ発揮されるよう、自らが率先して、全力を尽くしていきたいと思っております。



                     平成23年3月15日  慶集寺住職 河上朋弘
by namamdhabud | 2011-03-15 14:34
<< 2050年の日本、5つのシナリオ。 遠く、いま、何をすべきか? >>