日々、ご縁の日々
by namamdhabud


以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
越中岩瀬オンライン
少子高齢化が進んでいるのは日本全国どこも同じだと思いますが、
わが町岩瀬は、これからの日本の10〜20年先を行く高齢者の町だといわれています。

「団塊」といわれる最も人口の多い世代がこれから老齢の域に入って、
少しずつその世代の人口が減っていくのはいたしかたないとしても、
それに伴い子どもや若者の人口が増えていかないようであれば、
町が過疎化していくのもまたいたしかたないことであって、
それは何も、私の住む町に限ったことではありません。

日本全国にこれから広がり起きる人口減少のなかで、
再生を果たし「古くて新しい町」として自立、持続していくには?

10〜20年を先取りする町で「未来」について、自分なりに考えていこうと思います。

微力ながらも出来ることから何かをやりはじめようと思い、ホームページをつくってみました。


by namamdhabud | 2013-10-29 21:32
<< 平成25年度 報恩講のご報告 平成25年度 慶集寺 報恩講(... >>