日々、ご縁の日々
by namamdhabud


以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
平成25年度 報恩講のご報告

平成25年度の「慶集寺 報恩講」を、11月8日に無事お勤めさせていただきました。
今年のご法話は、浄土真宗本願寺派 滋賀教区 長泉寺 釈 宣寿(せきのぶひさ)師 をお招きして「節談説教(ふしだんせっきょう)」の様式でのご法話を聴聞いたしました。


節談説教とは、「ことばに節(抑揚)をつけ、洗練された美声とジェスチャーをもって演技的表現をとりながら、聴衆の感覚に訴える詩的・劇的な情念の説教」をいい、浪曲や講談、浪花節や落語といった芸能の原型となるものです。

江戸時代から昭和初期までは全国のお寺で広く行われたという「節談説教」ですが、私たちの世代では、黒板で解説したりプリントを配布したり、最近ではスライドやプロジェクターまで使うような「講演・講義型」が一般的になっており、「演劇・芸能型」ともいえるその古典的な様式は、いまの時代には一巡して新鮮にさえ映るものでした。

南無阿弥陀仏のお念仏は、頭で理解するものではなく、心に感じる心なのだということを改めて感じさせられた体験であり、知に寄り過ぎがちな自身の法話の傾向を省みさせられる機会にもなりました。

私が子どもだった昭和の頃にはまだ確かにあったはずの「説教者と参詣者が一心となって立ち現す念仏の共振共鳴空間」を、現代の慶集寺本堂にも再び興せないものかと思い、門信徒の皆様方にもより一層の法座への参加を呼びかける必要性を感じつつ、来年にも再度、釈師にお越しいただくこととなりました。

尊いご法縁のおかげさまにある、有り難い出会いをいただいていると、
深く感じる今年の報恩講でした。 合掌 南無阿弥陀仏
by namamdhabud | 2013-11-14 16:44
<< 2014年1月13日 正月会の... 越中岩瀬オンライン >>