日々、ご縁の日々
by namamdhabud


以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
know it; think; act
先日22日、最勝寺での「シンクアクト上映会」というイベントにDJとして参加してきました。禅宗の古刹にキャンドルが灯され落ち着いた雰囲気のなか、ディジュリドゥ奏者のNATAさんのライブに続いて、ドキュメンタリーロードムービー「Tibet Tibet」の上映会と監督のキム・スンヨンさんによるトークショーがあり、充実した内容で、とても有意義な集いでした。


ディジュリドゥは究極的にシンプルな楽器であり、奏者のパーソナリティーが如実に現れるところが面白いと思います。NATAさんの演奏は現代音楽的ともいえるスタイルがあると思ったし、幅広いセッションが出来る人だと思った。いつかDUSICで、なにか面白いコラボレーションを企画、実現できたらいいな。




「Tibet Tibet」は、95分の尺を感じさせない完成度で、観賞後にもジワリと印象を残す素晴らしい作品だった。私自身二十代の頃は映像作家になりたいと思い、ハンディーカムを手に旅をしたり生活したりして幾つかの作品を作っていた事もあるので、同時代人としての共感と、優れた作家に対する尊敬の念を、キム監督に感じました。

ダライラマ法王の姿が映された映像はとても貴重に思えたし、素直に「有り難い」と思った。監督のお話と共に、心に深く残り、今に至る数日間の生活にも、よい影響を与えてくださっています。





ご縁あっての毎日であり人生であると、仏教から学ばせていただいています。この日のご縁がよき未来へとつながっていくよう、よい動機と前向きな意志をもって、今日のご縁を精一杯に勤めなければと思っております。

心からの平和を願って FREE TIBET!
by namamdhabud | 2008-11-25 21:11
<< 12/7 しゃみせん楽家 in... 星野道夫写真展「星のような物語」 >>