日々、ご縁の日々
by namamdhabud


以前の記事
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
琳空館別館の看板できました!


たくさん話し合って出来上がった看板です




岩瀬の町並みにどんなふうに映えるか
よろしかったら見に来てくださいね

by namamdhabud | 2009-01-25 18:17
10年前の琳空記

リンクエイジ・デイズのブログ化に伴い、住職の雑文コーナーを「琳空記」として、こうして記しているわけですが、実はこの「琳空記」、東京から富山に帰郷した年である1999年の一年間にインターネット上につぶやいていた雑感のコーナーのタイトルだったりするのです。

あれから10年。いま一度当時の文章を読み返してみると、
なんとも若かった、青かった、29歳の私がいたりして。

今年で僧侶としてのキャリアも10年になって、住職という役職も勤めさせていただくようになり、子供もいつのまにか2人いて、当時に比べると頭の白髪がずいぶんと増えたのは、それなりに経験も積み重ねてきた現れでしょうか。

今日はお寺の「御正忌 報恩講」でした。
親鸞聖人のご命日のお勤めをし、参拝の方々に法話をさせていただきました。
10年前の自分には想像もしなかった自分がいます。

こんなに親鸞聖人を尊敬し、お念仏を心の拠り所とし、
仏教に気付かせていただくような自分になるなんて、
当時はまったく思いもしませんでした。

10年前の今日の日に書かれた 琳空記
1999/01/14「至心懺悔で一念発起。」


いまはただ、この不思議なご縁に感謝するのみです。

南無阿弥陀仏
by namamdhabud | 2009-01-14 18:05
ライトレールフリーク


やってきました、富山駅北




お年玉で自分で買う




オレンジのライトレールチョロQ




ワンダーラボで3Dシアター




コンプリート!

by namamdhabud | 2009-01-08 22:44
琳空館で始めての「初参式」



新年明けて4日目、有り難いご縁をいただき、
琳空館では始めての「初参式(しょさんしき)」が行われることとなりました。
初参式とは、赤ちゃんの生まれてはじめてのお寺参りをお祝いする儀式です。

みんなでカオルくんが元気ですくすく大きくなるようにと心に願い、お参りをしました。
みんなこうして願われて、育てられて大きくなったんだなあ、と思いました。

仏さまがいつでも見守ってくれてるから、大丈夫。

みんな、がんばれ、がんばれ。 安心して、がんばれ、がんばれ。
by namamdhabud | 2009-01-05 21:05
二〇〇九 謹賀新年 あけましておめでとうございます



二〇〇九 謹賀新年 あけましておめでとうございます


私、慶集寺住職も、ついに今年は不惑の四十。
あれに惑いこれに惑いする日々は相も変わらずですが、
人生の依り所には、惑うことのない「南無阿弥陀仏」が確かに在ります。

これからの人生は「南無阿弥陀仏」を頼りに生き抜く余生と思い、
仏教による自らの気付きを、世界に未来に伝えていくために、
一層の精進をして参りたいと思っております。

2009年元旦の今日を機に、
これまで公開してきた「浄土真仏教」を
新たな思いで再起動することとし、
薬師丸郁夫氏による阿弥陀如来御絵像を、
インターネットに入仏させていただこうと思います。

真に浄土に往生するその時まで、
どこまでやれるか、やってみようと思います。



奉請弥陀如来散華楽
奉請釈迦如来散華楽
奉請十方如来散華楽

by namamdhabud | 2009-01-01 00:17