日々、ご縁の日々
by namamdhabud


以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2014年を振り返って

2014年も残すところ、あともうわずかになってきました。




私、慶集寺住職にとっては、先代である父を亡くした年でもあって、
状況と心境の変化が自然ともたらされた、人生の節目の年になったように思います。







先日11月13日、世界的なジャズピアニストとして知られる山下洋輔氏が、
ライブ出演の為に富山を訪れられた際に、父へのお弔いにと、
慶集寺にご参拝くださいました。




私の実姉は、京都で『RAG』というライブハウスを経営しており、
山下氏とは二十年来のお付き合いをさせていただいているとのことで、
姉にとっては「人生の恩師」にあたる方。

姉が立案、製作した『慈愛LOVE』という作品では、
僧侶の声明に併せたピアノの即興演奏で参加してくださっていて、
その製作過程においては、姉にとっての精神的な支えとなってくださったということです。




『慈愛LOVE』のプロジェクトが展開して、
今年の3月にパリの日本文化会館でのコンサートを行った際には、
姉の娘、私の姪にあたる藤蔭静煌(須田あさひ・中央)が、
山下氏の作品「輪」をテーマとして、
藤蔭静樹師匠(左)に振付をしていただいた日舞作品の披露もありました。
http://youtu.be/_DthNzm1nzA






人はその生涯を終えた後にも、人と人とをつなげるご縁として、
おかげさまの力として、活動し続けるものなのかもしれません。





CDジャケットにある「慈愛」の文字は、姉からの依頼を受けて父が筆をとったもので、
パリ公演のステージでも、スクリーンに大きく映し出されたそうです。




「慈愛」とは、親が子供を慈しむような、深い愛情をいいます。

 西洋的にいうならば「アガペー(神からの愛)」

 東洋的にいうならば「慈悲心(仏の慈しみ)」と言い換えられるかもしれません。







山下氏は、声明を聞きながらの即興演奏をするにあたっての感想を

「お釈迦様の掌の中で、存分に遊ばせてもらいました。」と語っていらっしゃいます。

とても意味深い、味わいの深いお言葉だと思います。



私たち一人ひとりの、

存在や計らいや営みをはるかに超えた、

大いなる「はたらき」が、

私たちのすべてを包み込むようにして、

私たち一人ひとりに施されていることを感じます。



生かされて、生きている。

願われて、活かされている。

いつも、見護られている。



人生を、存分に遊んでいいのだと思います。

自分らしく、精進を続ければいいのだと思います。



いまはすでに仏と成って、私たちを照らし、

護ってくれているであろう父に手を合わせ、

今年あったさまざまな出遇いを憶いながら、

2014年に残された時間を、

心静かに過ごしたいと思います。




いつも、ありがとうございます。 

来年も、よろしくおつきあいください。



感謝 尊敬 合掌  



南無阿弥陀仏
by namamdhabud | 2014-12-17 15:33