日々、ご縁の日々
by namamdhabud


以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
平成二十七年度  御正忌 報恩講

平成二十七年 一月十六日(金曜日)
御正忌 報恩講(ごしょうき ほうおんこう)並びに
浄空院釋照護(じょうくういんしゃくしょうご)一周忌法要

昼座:午後一時半より 三時まで 本堂にて
夜座:午後七時半より 九時まで 会所にて(岩瀬大町通り 琳空館隣り)


親鸞聖人の祥月命日に当たる一月十六日をご縁として、
昼座と夜座の二座、本堂と会所をそれぞれの会場にして、
聖人ならびに慶集寺前住職「浄空院釋照護」の遺徳を偲んで、
御正忌と一周忌のご法要を、併せてお勤めいたします。


ご参拝いただいた方々と共に「正信偈」を読経した後、

「いま私を生き抜くための南無阿弥陀仏」

を法題として、慶集寺住職がお話をさせていただきます。


ご門信徒の皆様方とともに、故人を偲びつつ、
先人から代々伝えられてきた浄土真宗の安心を、
共に味あわせていただきたいと思います。


皆様お誘い合わせの上、ご参拝ください。


2017年も 慶集寺を
宜しくお願い致します。

by namamdhabud | 2015-01-06 13:07